顔認証の特徴
顔認証は、人間が普段相手を判別する手段をシステムで実現した最も身近な認証方式です。
専用装置が不要で導入しやすく、利便性に優れるなどの特徴を持っています。

自然な認証 非接触・非拘束
顔は、普段から人間が相手を判別する手段として利用している身近な認証方式であり、利用者の心理的負担が少ない 指をかざす等の操作が不要なため、特別なユーザ操作を強いることなく、利便性に優れた認証が可能です
高い不正抑止効果 専用装置が不要
照合時の顔を「顔画像ログ」として残すなど、管理者が目視確認することも可能であり、高い不正抑止効果が期待できます。 一般的なWebカメラも利用可能であり、登録用データとして既存の顔写真利用も可能なため、専用装置が不要です。

顔認証の適用分野例
出入国管理などのセキュリティや国民IDといった国家インフラから、企業の入退場管理やPCログオン等のセキュリティ強化のほか、企業のサービス高度化や機器の組み込みまで、業種を問わず幅広く活用可能です。

顔認証の仕組み
顔認証は大きく「顔検出」と「顔照合」の2つの処理に分かれます。「顔検出」処理では、画像の中から顔領域を決定し、次に顔特徴点の検出を行って目・鼻・口端などの顔の特徴点位置を求めます。次に特徴点位置を用いて顔領域の位置・大きさを正規化した後、「顔照合」処理を行います。
顔の特徴の中から個人を識別する最適な特徴を選択することにより、経年変化の影響をうけにくいほか、ディープターニングにより、顔の向きの変化や低解像度の顔画像にも対応することができます。