SPAとは?
「SPA」は、企業の業務取引で必ず発生するPDF等の電子ファイルや、紙をスキャニングして電子化したファイルをシームレスに保管し活用することが可能な電子活用ソリューションです。企業内で利用するあらゆる電子ファイルを「SPA」で管理することで、データの一元管理ができます。膨大なドキュメントの中から、文字、数字、日付等で該当する電子ファイルをスムーズに検索し、検索結果は、複数の電子ファイルを1つの電子ファイルとし統合し閲覧ができます。また、閲覧時には個人情報や重要な箇所を項目単位に非表示にするマスクを施すなど、原本の電子ファイルに変更を加えずに柔軟な設定が可能です。

書類の管理で、こんなことありませんか?
紙の種類は閲覧性や可読性の良さといったメリットがありますが、印刷コストや保管コスト、資料を探す手間がかかります。また、働き方改革で注目が集まる業務の自動化も、紙の書類だと困難です。

「SPA」で解決!

紙の書類をスキャンするだけ!
SPAは、「書類データ化 同時に整理」
これまで人が作業をしていた業務を自動化することで作業工程を大きく削減。
業務をスピードアップさせ、より付加価値の高い業務に集中できるようになります。


データ化すると用途が広がります
データ化することにより、検索で必要とする文書を素早く入手できるだけでなく、BIツールを使ったデータの可視化や、ETLツールやRPAツールと連携できるようになります。

データエントリー作業を自動化したり、請求書をWeb公開したり、電子帳簿保存法に対応するなど、文書に関わる様々な業務で活用できます。